M&A支援のアドバイザリー

よくいただくご質問

仲介をお願いした場合、成約までにどのくらいの期間が掛かりますか?

案件によっての個別差もありますが、平均しますと概ね半年程度で成約するケースが多いです。
ただし、案件によっては3ヶ月程度で成約する場合もありますし、1年以上の長期に及ぶ場合もございます。
ある程度の時間が掛かるという前提でお考え頂き、出来る限り早目にご検討・ご準備を進めて頂ければと存じます。
仲介をお願いした場合、どういう費用が必要ですか?

弊社にて仲介業務を受けさせていただく場合「仲介手数料」といわれるものが必要になります。
この手数料の金額等につきましては、案件によって異なりますが、事前に必ず詳細をご説明させて頂いておりますので、どうかご安心ください。
それ以外に掛かる費用としては、契約書のチェックなどに掛かる弁護士費用。そして、買収監査の費用等があげられます。
仲介業者を選ぶ際、基準になることは何ですか?

世の中には様々な仲介業者が存在しますので、結局はお客様自身が何を重視されるかだと思います。
過去に扱った案件の実績・ネットワーク網など、そのポイントは数多くありますので、お客様の中での優先順位を決定し、仲介業者を選定していただくことでより安心できる会社に託すことが出来るのではないかと存じます。
成約前に、社員や銀行、取引先へ知られてしまうことはありませんか?

弊社では、事前に秘密保持契約を結んでお話を進めますので、弊社からM&Aについての情報が他に漏れることは一切ございません。
また、成約前の段階ではM&Aに関する情報の共有についても人選させていただき、必要な方以外には情報が漏れないよう、徹底いたします。その他の方への情報開示につきましては、その時期・方法も含め弊社よりアドバイスさせていただきますので、どうかご安心ください。
M&Aを行う際の注意点を教えてください。

一番重要なのは、情報漏洩防止の徹底です。 例えば、譲渡をお考えの場合には従業員様にそれが知られてしまえばモチベーションの低下や離反を招くきっかけとなってしまいます。また、お取引先に知られた場合には信用問題に発展してしまい、最悪の場合には取引停止ともなりかねません。
次に重要なのは、相手先企業をご自身の目で見極めることです。M&Aに際しては様々な条件があり、これを重視することも大切ではありますが、相手先企業の方向性や考え方、理念などについてもしっかりと吟味する必要があります。
お話を進める際には、段階に応じて弊社から事細かなアドバイスをさせて頂きますので、まずは安心してお任せください。
小さな会社でも、M&Aの仲介をお願いすることはできますか?

弊社では、会社の規模に関係なく仲介をお受けしております。成約までを考慮した場合、重要なのは規模ではなくその会社にどういう魅力があるかです。
第三者から評価した場合、ご自身では気がつかなかった魅力が発見されるケースも多くございます。
また、そういった小規模案件のニーズも非常に多く寄せられています。御社の魅力を再発見するためにも、まずは私たちにご相談ください。
企業評価はどのように行われますか?

通常、企業評価はその企業の収益力・資産価値などを含め総合的に評価します。
評価方式としては、DCF方式・時価純資産方式などがございます。
弊社では、これらの企業評価、また算定書の作成業務も行っておりますので、安心してお任せください。
お問い合わせ